arrow-up icon

Fixstars Amplifyハッカソン

「組合せ最適化」を使ったアプリケーションを開発して競う大会です。
誰でも参加できます。

最終審査結果を見る
deco-dots-4 decoration
deco-blob-6 decoration
graphical divider

アップデート

2021.4.27
最終審査結果に、受賞者のプレゼンテーションと、その他の応募アプリのリポジトリを追加しました
2021.4.24
最終審査結果(速報)を発表しました
2021.4.1
参加登録・提出物登録を締め切りました
2021.3.8
3月13日9:00~18:00まで、サーバメンテナンスのため、ウェブサイトおよびアニーリングマシンを含む本サービスすべてにアクセスすることができなくなります。
2021.3.3
提出物の受付をスタートしました
2021.2.17
Fixstars Amplifyハッカソンの募集を開始しました
Image
Message
Amplifyを使い倒そう!

Fixstars Amplifyは量子アニーリングマシン・イジングマシンを実行するためのクラウド基盤です。マシンに依存しない開発を実現するためのSDKが用意されています。

研究や開発などには無料で使えるAmplifyなら、誰でも今すぐ組合せ最適化問題を解くアプリ開発が始められます。

Amplifyとは?

課題提出までの流れ

Image
無料ユーザ登録

ユーザ登録を行い、Amplify AEにアクセスするためのトークンを取得してください。

無料ユーザ登録
Image
参加登録

ログイン後、必要事項を入力し参加登録してください。個人でもチームでもご登録いただけます。

Image
ソースコードの作成

チュートリアルやドキュメントを参考に、あなたのアイデアを形にしてみてください。

チュートリアル
Image
コード提出

GitHubにソースコード、Readme.md、説明資料を登録し、リポジトリURLをお知らせください。

課題の提出について

提出する成果物

Fixstars Amplifyを使うプログラムのソースコードと、簡単な説明用のスライド(pdf/pptx)を提出します。登録したGitHub IDでリポジトリを用意し、コードとスライドを保存してください。

最終審査では、スライドを使って約10分(説明8分、質疑応答2分)のプレゼンをしてもらいます。

提出物のサンプルをフォークして使っても構いません。

提出物のサンプル

課題の評価ポイント

ジョークプログラムから社会課題に挑む意欲作まで、
Amplifyを使っていれば開発するアプリのテーマは問いません。

審査は、以下のような点を審査員が総合的に評価いたします。

  • Checkmark icon
    新規性: これまでにない新しいアイデアを用いている
  • Checkmark icon
    進歩性: 技術の組み合わせや使い方がユニーク
  • Checkmark icon
    技術力: シンプルで高度な実装や高速なアルゴリズムの発明
  • Checkmark icon
    実用性: 現存する課題に対して、実用的に利用できる

審査員

GUEST Shu Tanaka
田中 宗
慶應義塾大学 理工学部
物理情報工学科 准教授
GUEST Katsuki Fujisawa
藤澤 克樹
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所
教授
Satoshi Miki
三木 聡
株式会社フィックスターズ
代表取締役社長 CEO
Yoshiki Matsuda
松田 佳希
株式会社フィックスターズ
エグゼクティブエンジニア

賞金・賞品

WINNER

最優秀賞

40万

x 1チーム

優秀賞

15万

x 3チーム

特別賞

5万

x 3チーム

参加賞 : Fixstars Amplifyオリジナルパーカー

最優秀賞
40万 x 1チーム
deco-blob-13 decoration
優秀賞
15万 x 3チーム
特別賞
5万 x 3チーム

全体スケジュール

スケジュールは変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

  1. 2月17日
    参加登録スタート
  2. 3月1日→3月3日
    提出物の受付スタート
  3. 3月31日
    参加登録締め切り
  4. 3月31日
    提出物の受付締め切り
  5. 4月16日
    1次審査通過者の発表
  6. 4月24日 14時~17時
    最終審査のプレゼンテーション・表彰式

よくある質問

参加できます。Amplifyはイジングマシンを使った組合せ最適化問題を簡単に扱えるSDKを用意しています。チュートリアルドキュメントを参考にして、是非、挑戦してみてください。

アクセストークンを発行するユーザー登録(メールアドレス、氏名、所属組織)に加えて、GitHubのID、チームメンバーの氏名が必要です。ソースコードの公開などはGitHub IDを使って行われ、参加者の個人情報は原則公開されません。

GitHubのリポジトリ(Public, MITライセンス)を作成し、URLを提出します。提出フォームはログイン後のマイページにあります(3月3日にフォーム公開予定)。

テクニカルサポートフォーム(要ログイン)から、運営事務局にGithub IDが変わったことをご連絡下さい。

テクニカルサポートフォーム(要ログイン)からご質問いただけます。返信にはお時間がかかる場合があります。ご了承下さい。

チームでのご参加も受け付けております。参加登録を行う際「他のメンバーの姓名」という項目に、一緒にご参加いただくメンバーの方のお名前をご入力ください。
なお、ハッカソン参加登録は、代表の方のみが登録いただき、メンバーの方はそれぞれユーザ登録をお願いいたします。

他にもご不明な点がおありですか?フォームよりお問い合わせください。

結果発表

受賞者は以下の方々です。おめでとうございます!

最優秀賞

浅(くて広い)層学習 少データでお手軽機械学習

越智 優真さん(木更津高専)

deco-blob-13 decoration
優秀賞

Champlify(Character pattern formation generator powered by Amplify)

奥村圭佑さん(東京工業大学)

優秀賞

グループ全体の好みを考慮した楽曲リスト自動生成ツール

武笠 陽介さん(早稲田大学)

優秀賞

一次元アーキテクチャにおける量子ビット割り当て問題

内藤 壮俊さん(東京大学)

特別賞

SSSS.(SSSS. is Super Shift Scheduler) -誰でも簡単シフトスケジューリングサービス-

福間 遼太郎さん(慶應義塾大学)、大野 公平さん(東京高専)、児島 大和さん(会津大学)、若山 裕輝さん(都立産技高専)

特別賞

Polyomino Solver

會澤 一輝さん(長岡技術科学大学)

特別賞

Ising Register Allocation~アニーラによるレジスタアロケーション~

熊谷 政仁さん(東北大学)、高屋敷 光さん(東北大学)

その他の応募アプリ

イジングマシンによる楽曲の自動生成

FGO optimization~人理修復を最適化する~

VR×量子 ステレオ画像から自由視点映像を生成

スパムコメント分類器

本棚に本を見栄え良く配置する

イジングマシンを用いたクラス分けツールによる教員の負担削減

量子コンピュータでサイゼリヤ 1000 円ガチャ

畳敷き詰めマシンと最小畳配置問題

床に紙を並べる

三択コンパイラー

イジングマシンを利用した箱詰めパズルソルバー

アニーリングマシンで競技プログラミングの問題を解いてみた

Scratchで組合せ最適化

Fixstars Amplifyの天体観測への応用の試み ~中性子星のX線偏光観測~

Even - Odd Classification On Annealing Machines