arrow-up icon

ご使用規約


本規約は、株式会社フィックスターズ(以下、「当社」といいます。)が、お客様に対し、アニーリングマシンでのソフトウェア開発および実行環境提供サービス「Amplify」(以下「Amplify」といいます。)の使用を許諾する際の条件を定めたものです。なお、Amplifyのライセンスには、開発および一定の制限下での実行を可能とする「無償ライセンス」と、当該制限がない「有償ライセンス」があります。本規約は、別段の記載がない限り、その両者のライセンスについて適用されます。

お客様は、Amplifyを使用するにあたっては、本規約の全文をよくお読みいただいた上で、同意いただく必要があります。当社のウェブサイト上で本規約に同意する旨のクリックをした場合その他当社の定める手続を経たときは、本規約に完全に同意したものとみなします。

1. 定義

本規約で使用する用語は、冒頭に定義したもののほか、以下のとおり定義します。

  1. 「Amplify SDK」とは、アニーリングマシン実行環境で動作するプログラムを開発するためのソフトウェア・ツールの一式をいいます。当社が提供するサンプルのプログラムも含まれます。
  2. 「開発プログラム」とは、Amplify SDKを利用して開発したプログラムをいいます。
  3. 「アニーリングマシン実行環境」とは、開発プログラムを動作させるためのクラウド環境にて当社が提供する各種アニーリングマシンの実行環境をいいます。
  4. 「Amplify」とは、Amplify SDKの提供とアニーリングマシン実行環境の提供をいいます。
  5. 「アクセストークン」とは、アニーリングマシン実行環境に接続するために必要なトークンをいいます。
2. 適用関係
  1. 当社が、当社のウェブサイト上でAmplifyの使用に関するルールを掲載したときは、当該ルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  2. 本規約の内容と、前項のルールとが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
  3. 当社は、必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の内容および効力発生日をフィックスターズのウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、またはお客様に通知します。
3. Amplify SDK使用許諾
  1. 当社は、お客様に対し、Amplify SDKをインストールし、本規約に定める条件のもとで非独占的かつ、自己のために使用することを許諾します。
  2. お客様は、Amplify SDKを、インストールされたコンピュータ以外のコンピュータからネットワーク経由で使用することはできません。
  3. Amplify SDKには第三者の開発したプログラムが含まれています。お客様がAmplify SDKを使用する際には、これらのプログラムに関する使用許諾条件(別紙)も適用されます。
  4. Amplify SDK(およびこれに関する画像、映像、音声、テキスト、プログラム、アイデア、ノウハウ、デザイン、アルゴリズム、データも含む。)に関する著作権(著作権法第21条から第28条までの権利を含む。)をはじめとする一切の知的財産権は、当社または当社に対して使用を許諾した第三者に帰属するものであり、本規約に同意することによって、お客様に移転するものではありません。
  5. お客様は、本許諾に同意することによって、Amplify SDKのいかなる部分についても、ソースコードの提供、開示を受ける権利が付与されるものではないことを確認します。ただし、サンプルプログラム、OSS等、当社が任意に開示するもの、または第三者のライセンス上開示が必要となるものについてはこの限りではありません。
  6. 無償ライセンスのお客様は、Amplify SDKを、アニーリングコンピューティングを活用した開発目的でのみ使用することができます。お客様は、Amplify SDKを使用して開発プログラムを、下記に掲げる実運用目的で動作させることはできません。この場合、お客様は、別途有償ライセンスの契約を締結する必要があります。
    1. 開発プログラムをお客様の営業活動、事業活動のために使用すること
    2. 有償、無償を問わず、開発プログラムを第三者に提供すること
  7. 当社は、お客様への事前の予告なくAmplify SDKの機能追加、性能向上、不具合修補等を目的として、改変することがあります。改変された場合には、お客様は改変版のAmplify SDKを使用することができます。ただし、当社は、Amplify SDKの改変を行う義務を負うものではありません。
4. アニーリングマシン実行環境使用許諾
  1. 当社は、お客様に対し、本規約に定める条件のもとで非独占的かつ、自己のために開発プログラムを動作させるためにアニーリングマシン実行環境を使用することを許諾します。ただし、無償ライセンスのお客様が使用できるアニーリングマシンはAmplify AEに限ります。
  2. アニーリングマシン実行環境の使用にあたっては、当社がお客様に配布するアクセストークンが必要です。お客様は、アクセストークンを、第三者に提供したり、第三者による不正アクセス等が生じないよう、適切に管理します。
  3. アニーリングマシン実行環境に関する知的財産権については、3(d)および3(e)を準用します。
  4. アニーリングマシン実行環境の使用にあたっては、2(f)を準用します。
  5. 当社は、お客様への事前の予告なくアニーリングマシン実行環境の改変(アニーリングマシンの追加、入替、仕様変更を含みます。)をすることがあります。当社は、アニーリングマシン実行環境の改変後も、従前の開発プログラムの動作をするものではありません。また、当社はアニーリングマシン実行環境の改変を行う義務を負うものではありません。
  6. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく、アニーリングマシン実行環境の全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
    1. 保守作業を行う場合
    2. 通信回線の障害、不正アクセス、ソフトウェアの不具合、ハードウェアの故障等の理由により、アニーリングマシン実行環境の安定した提供ができない場合
    3. アニーリングマシン実行環境の提供に必要な第三者のサービスにおける障害その他当社の責に帰さない事由による不都合が生じた場合
    4. その他当社が停止または中断が必要だと判断した場合
5. 利用料金

有償ライセンスのお客様は、Amplifyを使用するにあたって、当社が定める利用料金を、当社が定める方法によって支払うものとします。理由の如何を問わず、本規約において別段の定めがある場合を除き、当社はお客様が支払った利用料金を返還する義務を負いません。

6. 禁止事項
  1. お客様は、当社の事前の同意なくして、以下の行為をすることはできません。
    1. お客様(お客様が法人の場合、その役員、従業員を含む。)以外の第三者にAmplify を使用させること
    2. Amplify SDKの全部または一部をバックアップまたはアーカイブ以外の目的で複製すること
    3. Amplify SDKを用いて、マルウェアその他公序良俗に反し、または違法となるプログラムを開発すること
    4. Amplifyを、法令に違反する行為若しくは犯罪行為、第三者の権利を侵害する行為の目的で使用すること
    5. Amplify SDKの全部または一部を改変・修正すること
    6. Amplify SDKの全部または一部を、他のソフトウェアの一部に組み込み、または他のソフトウェアの全部または一部を、Amplifyの一部に組み込むこと
    7. トレース、デバッグ、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、デコンパイル、その他の手段により、Amplifyの構造・機能・処理方法等を解析し、または、Amplify SDKのソースコードを得ようとすること
    8. 第三者に対し、本規約によってお客様に付与された権利を譲渡、レンタル、リース、再許諾、担保提供すること
    9. Amplify SDKの複製物を第三者から接続可能なネットワーク上に公開すること
    10. Amplifyを第三者に対して、利益目的で提供したり使用させたりすること
    11. アニーリングマシン実行環境を含む当社の管理する環境に対して、不正アクセス行為、クラッキング行為、過剰な負荷をかける行為その他正常な動作を誤らせる行為をすること
    12. アクセストークンを第三者に開示したり、公開すること
    13. その他、本規約で許諾された範囲を超えて使用すること
  2. お客様は、本規約に定められた規定の遵守を確認するため、当社または当社から委託を受けた第三者による監査を行うことを承認し、必要な協力を行うものとします。監査の費用は、本規約に定められた規定に違反が認められた場合を除き、当社が負担します。
  3. 当社が、お客様において、(a)に掲げる行為その他本規約に違反する行為が存在すると判断したした場合は、当社は事前通知なしに、Amplify SDKおよびアニーリングマシン実行環境の使用を制限し、または停止させることができます。当社はそれによってお客様に生じた損害を賠償する責めを負いません。
7. 使用環境

お客様は、Amplify を使用するにあたって、自己の費用と責任で、当社が定めるコンピュータ端末、通信回線その他のコンピュータ環境を用意します。当社は、お客様の使用環境および当社の管理下にない設備、ソフトウェア等における不具合等について責任を負いません。

8. 保証の限定
  1. 当社は、Amplifyの使用が、お客様の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・完全性・有用性を有すること、処理結果等が正確性を有すること、継続的に利用できること、および不具合が生じないことについて、責任を一切負いません。
  2. 地震、落雷、火災、風水害、地震、停電、天災地変、若しくはその他不可抗力、第三者による行為やその他の事故、お客様の故意、過失、若しくは誤用、またはその他の異常な条件下での利用によって、お客様に損害が生じたり、Amplifyに不具合が生じたとてしても、当社は保証の責任を一切負いません。
9. 責任の制限
  1. 当社は、Amplifyの利用または利用不能から生じるいかなる損害(利益、データの損失・損害、その他の金銭的損害、第三者に与えた損害等を含む)に関して、当社の故意または重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、当社の故意または重過失がある場合によりお客様が被った損害につき、お客様が過去6ヶ月に当社に対して支払った利用料金の合計額(無償ライセンスの場合は10,000円)を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。
  3. 前各項の規定は、当社とお客様との間の本規約にかかる契約が消費者契約法(平成12年法律第61号)に定める消費者契約(以下「消費者契約」といいます。)となる場合には適用しません。ただし、本項が適用される場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行責任または不法行為責任については、予見および予見可能性の有無にかかわらず、間接損害、特別損害、逸失利益その他の特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、直接かつ通常生じうる損害の範囲内で、かつ、(b)の定める限度額を当該お客様に対する賠償額の総額の上限として損害賠償責任を負うものとします。
10. サポート
  1. 当社は、お客様に対し、Amplifyに関し、テクニカルサポートを実施します。ただし、これらのサポートはすべてオンラインで提供されるものとし、すべてのお客様の質問、要望に対して一定の時間内に対応する義務を負うものではありません。
  2. 当社は、本条に定めるサポートを超えるサポートを希望するお客様に対し、別途有償でのサポートを行う場合があります。
11. ユーザ登録
  1. お客様は、Amplifyの使用にあたって、当社に対してユーザ登録を行う必要があります(ただし、無償ライセンスの場合には任意です。)なお、お客様にご登録いただきました個人情報の管理は、当社のプライバシー・ポリシー(https://www.fixstars.com/ja/privacy/)に従い、適切に行います。
12. 使用許諾の終了
  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じたときは、お客様に対するAmplifyの使用許諾を終了させることができます。
    1. 本規約に定める規定に違反したとき
    2. その他重大な背信行為があったとき
  2. 当社は、前項の場合のほか、やむを得ない事由が生じたときは、当社ウェブサイトに1カ月以上前に公表することによりAmplifyの提供を終了することができます。
  3. 事由の如何を問わず、Amplifyの使用許諾が終了したときは、お客様はAmplify SDKおよびアクセストークンを消去し、以後使用することはできません。
13. 輸出規制の遵守

お客様は、Amplifyにかかわる日本国およびその他適用される国の輸出管理に関する法律、命令または規則その他の規制(以下「輸出規制」といいます。)を遵守し、輸出規制に抵触する態様で利用してはなりません。
お客様による使用が輸出規制に抵触したことにより、第三者から何らかの請求や訴訟を受け、そのために支障や損害を被っても、当社は一切責任を負いません。

14. 本規約に基づく契約上の地位の譲渡等
  1. お客様は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位または本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社はAmplifyにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利および義務並びにお客様の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、お客様は、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
15. 分離可能性

本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

16. その他
  1. 本規約は日本語を正文とします。他の言語の翻訳版と日本語版との間に矛盾抵触がある場合、日本語版が優先するものとします。
  2. 本規約の準拠法は日本法とします。
  3. 本規約が定める事項、Amplifyに関連して生じる訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

2021年2月1日制定