Quick Start

Python3環境で Fixstars Amplify を使用するための準備について説明します。

ユーザ登録

イジングマシンの実行環境である Amplify Annealing Engine を使用するために、無料ユーザ登録 を行いアクセストークンを入手して下さい。

モジュールのインストール

事前に pip のバージョンが 19.3 以上であることを確認して、必要ならアップデートしてください。

$ pip --version
pip 18.1.1
$ pip install --upgrade pip
...
Successfully installed pip-20.1.1

環境によって Python3 の pip コマンドは pip3 コマンドで提供されます。その場合は適宜読み替えて下さい。

Amplify SDK は次のコマンドでインストールできます。

$ pip install amplify

注釈

Windows10 では WSL1/2 (Windows Subsystem for Linux) 環境にてインストール出来ます。

D-Wave マシンを使用する場合は dwave-system モジュールのインストールが必要です。次のようにしてサードパーティの依存パッケージも同時にインストールされます。

$ pip install amplify[extra]

注釈

Amplify SDK は Apple M1 チップ搭載の Mac OS 向けのモジュールを提供していますが、D-Wave マシンを使用する場合の依存パッケージが 2021年9月時点では M1 非対応となっています。 そのため D-Wave マシンを使用する場合には、 モジュールのインストールと Python の実行を INTEL アーキテクチャ互換モードで行ってください。

% arch -x86_64 zsh  # x86_64 で zsh を起動
% uname -m          # 現在のアーキテクチャを確認
x86_64
$ pip install amplify[extra]
$ python

モジュールのアップデート

次のようにしてモジュールのアップデートを実行できます。

$ pip install --upgrade amplify

モジュールのインポート

インストールに成功すると Python スクリプト内で下記の様にインポートできます。

import amplify
>>> amplify.__version__    # Amplify SDK のバージョンを確認
'0.6.2'

以降は Tutorial に従うことで Amplify SDK を使用したイジングマシン使用の流れを知ることが出来ます。 Amplify SDK を用いた組合せ最適化問題のチュートリアルやサンプルコードについては こちら を参照して下さい。